事業用不動産を投資対象に初心者でも安心して少額から不動産投資が可能です

少額から始められる不動産投資
少額から始められる不動産投資

ABOUTエード・ファンド Myシェアについて

人生100年時代の資産形成

MESSAGE TO EVERYONE皆様へメッセージ

エード・ファンドMyシェアとは、当社が事業用の不動産を所有又は取得し、テナントから賃料を得る賃貸事業を皆様とシェアリングさせていただく資産形成です。
皆様は不動産を所有することなく、少額単位で不動産投資のメリットを活かせる賃貸事業に参加でき、また当社も同様の賃貸収益の恩恵を受けながら、皆様の大切な資産をお預かりした資金にて、新たに優良な事業用の不動産を取得し、賃貸事業の展開と安定した運営を目指して参ります。

昨今は人生100年時代と言われ、長生きするリスクとして「お金」がつきもので、今後安定した生活を維持していくには、公的年金とは別に自らが資産運用(投資)する必要も否めません。
銀行の定期預金では運用とは言えず、株や投資信託等の投資も検討しなければなりません。
投資にはリスクがつきものですが、不動産を活用した当 社のエード・ファンドMyシェアは、リスクを低くした資産形成の一つでございますので、是非、これからの投資先としてご活用下さいませ。

THREE POINTS TO CHOOSEエード・ファンドMyシェアが選ばれる3つのポイント

飛躍する大阪・関西エリア賃貸収益が安定した事業用不動産を中心に組入れ!

エード・ファンドMyシェアの対象不動産は主に土地又は土地・建物を所有し、テナントと定期借地契約等により長期に賃貸収益が見込める物件を選定しています。

物件価格は周辺相場、取引事例に加えて、鑑定評価にも連動!

不動産鑑定士により第三者目線で対象不動産の評価を算定し、透明性のある価格で出資総額を決定

優先劣後システムにより出資元本の保全を高めている!

対象不動産の総額に対して、運営者の(株)エード・ライフも自ら20〜30%を出資します。
運用期間中の賃料の下落や、売却時における価格が下がった場合、先ず運営者の出資部分から下落部分を負担しますので、お客様の分配、出資金の返還を優先に保全 いたします。

RECOMMENDED PERSONこんな方におすすめ

不動産投資をもっと身近に!

KEYWORD-01

人生100年時代。

今や、人生100年という時代に突入し、健康の維持と生活の支えの要である「お金」についても考えていく必要があり、貯蓄・年金だけではゆとりある生活は困難になる可能性も否めません。
今後、長生きするリスクとして「お金」のあり方、活用の方法を今から動き出す備えが大切です。

KEYWORD-02

投資家保護が適せつに図られた個人の資産形成

資産運用の商品が監督官庁から許可又は認可されているか、リスク説明、元本保全のシステム等の投資家保護が図られているか、運営する企業の開示情報が資産形成の重要なポイントになります。

KEYWORD-03

長期的・安定的な運用(投資)商品

不動産賃貸事業は立地条件、環境にもよりますが、テナントからの賃料が収益なので長期で安定した運用が可能です。
賃貸が目的なので出資した価額も株、投資信託、為替等と比べると金融市場の影響を受けにくい特徴もございます。エード・ファンドMyシェアはこれらの特色を活かし、年分配率3〜5%(税引前)「※対象不動産(商品)によって異なります」を想定した、皆様にわかりやすい運用商品を提供いたします。

年分配率3〜5%(税引前)※対象不動産(商品)によって異なります。

FEATURE-01

事業用不動産の賃貸収入をベースとした資産形成

エード・ファンドMyシェアは、当社が所有又は取得する事業用の不動産にテナントと定期借地契約等により長期に安定した賃貸収入を得ることができる対象不動産を組成してまいります。
また万一、そのテナントの撤退のリスクに備えて、売却も容易なエリアを選定いたします。

不動産小口投資商品のしくみ

複数(匿名)の事業参加者から出資を募り、その資金をもって、本事業者(許可事業者)が不動産を取得し、その不動産から得る賃料収益を出資額に応じて分配するシステムです。
事業参加者と本事業者との関係は匿名組合契約となります。

不動産小口投資商品のしくみ

FEATURE-02

不動産運用としては少額資金から運用可能なシェアリング

不動産は所有が前提となり、多額な資金も必要ですが、エード・ファンドMyシェアは皆様と当社が共にシェアするので1口100万円からの少額資金で運用が可能となります。
所有権が皆様に移転しない構成となりますので、予め監督官庁の基準を満たした許可を得る必要がありますが、当社もこの許可に基づいた契約内容、運用を実施しております。

1口100万円出資時の分配金合計の受取りのイメージ

1口100万円出資時の分配金合計の受取りのイメージ<

1年を通した分配金の支払いイメージ (年4回3ヶ月毎)

例1:運用開始日が4月1日の場合・・・
第1回目の分配金支払日(4月1日〜6月30日分)は8月末日となります。

1年を通した分配金の支払いイメージ (年4回3ヶ月毎)

※ 分配金は源泉徴収後、お客様の指定口座に振込みいたします。
※商品により異なる場合がございます。

FEATURE-03

飛躍する大阪、関西の優良な不動産を投資対象に

エード・ライフの本社は、百舌鳥・古市古墳群で世界文化遺産の登録地である大阪・堺市にあり、地域密着型で活かしてきた情報ネットワークをもとに大阪、関西圏の事業用不動産を展開しています。
そして2025 年の"大阪関西万博"に向けてさらに飛躍してまいります。

対象不動産のご紹介

近日
公開

エードファンドMyシェア3号 対象不動産

3号 令和2年2月募集開始予定 予定分配率4.5〜5%

募集総額 -
募集口数 -
出資金 -
予定分配率 -
分配日 -
契約期間 -

CUSTOMER'S VOICE1号商品に出資されたお客様の声

Y・Iさん 40代女性

大家さんのように、毎月家賃収入があれば、生計が安定するだろうなぁと思いつつも、現実的にはアパートやマンションを所有できる程の資産もないし、まったく経験もないのに大家さんになれると? 考えるとやはり不動産投は理想と現実の乖離があると痛感してましたが、知人からシェア型の不動産投資があると紹介いただいたのが、エード・ファンドMyシェアという不動産投資の商品でした。

100万円の投資で、3年間の運用で年5%の分配は、銀行の定期預金よりはるかに高く、管理などの手間は必要ないので、大変興味を持ちましたが、元本が保証でない事とリスク面が気になり、すぐに投資には至らなかったです。

担当者より直接、リスクはもちろん、元本保全の説明、物件評価額の根拠などの説明をいただき、概ね不動産投資のメリット・デメリットが理解できるようになり、まず1口100万円の出資をさせていただきました。

今は、3ヶ月1回の分配が楽しみにしております。

R・Hさん 40代男性

不動産特定共同事業に基づく・・・という商品は他社でも知っており、利回りも魅力でしたが、対象の不動産が地方にあるので、実態がわかりにくいので投資は断念してました。

今回エード・ライフさんの紹介されている対象の不動産は大阪の堺であり、運営会社も堺が本社なので物件も会社も確認することができたので、なにか安心して投資に決断することができました。

M・Mさん 50代男性

知人が出資する事を聞き、私も資料を請求しました。

不動産投資は、はじめてだったので正直よくわからないとこもあったのですが、パンフレットにリスクの部分も、大きな文字で説明されていたのでわかりやすく、知人も出資する安心感もあり(もちろん自己責任ですが、)少額ですがエード・ファンドMyシェアに出資してみました。

K・Hさん 40代女性

初めての投資チャレンジです。これまで投資には興味がありませんでしたが、先々の自分の生活を考え、出来るだけ安全に貯蓄を増やすことで不動産投資を調べました。

直接電話で確認したところ、@分配率5%の安定した不動産投資であること、A投資の初心者でも簡単に投資できること、B不動産の管理は一切不要、と丁寧に説明頂き納得できましたのでエード・ファンドMyシェアで投資することに決めました。

投資で将来の安心をつくって行きたいと思います。

N・Hさん 30代男性

世間を騒がせた老後2000万円問題で、自分の資産について真剣に考えるようになりました。

今は銀行に貯金しているだけですが、運用も考えた方がよいと強く思い立ち、初心者でも出来る投資物件を探しました。

ネットで見つけたこちらの商品は投資初心者に優しく、よくあるマンション投資とは異なり、事業者が利用している土地ということで手堅く運用できると思い出資を決めました。

自分の老後は自分で作るため勇気をもって運用したいと思います。

メリット・デメリット

メリット

MERIT

不動産を所有することなく気軽に賃貸事業に参加

実物不動産を所有した場合、多額の資金も必要で、固定資産税などの税金、修繕費、管理なども不可欠ですが、エード・ファンドMyシェアは小口単位で出資が可能で、管理運営も当社が対応しますので、手間がなく不動産投資に参加することができます。

景気に左右されにくい投資

株や不動産投資信託(Jリート)経済市況や景気により日々取引価額が 変動いたしますが、当社の不動産特定共同事業による運用は、長期的に安定した賃貸事業を目的としておりますので比較的景気に左右されにくい投資です。

優先劣後システムにより皆様のリスクを軽減

対象不動産の出資総額に対し、皆様からは7割から8割を募集(優先出資)させていただき、一方、当社も自ら2割から3割の出資(劣後出資)を行います。
これにより、仮に対象不動産の価格や賃料が下落した際は、下落部分は先に当社が負いますので皆様は当社より優先して賃料(分配)や出資金の返還を受取ることができます。

デメリット

DEMERIT

銀行預金とは異なりすぐに換金が出来ない

出資金は対象不動産に投資していただいていますので、原則契約期間の満了日まで、出資金の返還はできません。(契約満了日から2ヶ月以内に返還)
但し、第三者および当社への譲渡(諸条件有り)は可能です。
※別途譲渡の際は手数料は必要です。

不動産特有のリスク

天災による建物の損害やテナントの退去により、出資の価額(元本)や賃料(配当)の下落、賃料の配当が一時的に遅延する可能性がございます。

節税効果

実物不動産のように投資した金額が相続税時の評価減とはならないので、相続税対策の効果はございません。(任意組合型の商品は除く)

優先劣後システム

優先劣後システムとは?

お客様の元本の安全性を優先的に守る仕組みです。

お客様に出資いただく枠で、賃貸利益の受取り・売却時の出資金返還において、
劣後出資者(株式会社エード・ライフ)より優先される出資をいいます。

分配金のイメージ

分配金のイメージ

@…テナントより賃料を受取る
A…賃料より対象不動産を維持する為の費用を拠出
B…Aの費用を拠出後が分配金の原資(匿名組合利益)
C…先ず、優先出資者へ出資割合に応じて分配
D…Cを分配後、残利益があれば劣後出資者へ分配

売却時のイメージ

売却時のイメージ

※1…劣後出資者に1千万円返還
※2…劣後出資者の損失(3千万円)
※諸費用などは考慮しておりません。

ASSET MANAGEMENT WE THINKエード・ファンドMyシェアが考える資産運用

エード・ファンドMyシェアについて

エード・ファンドMyシェアの資産運用は、ずばり事業用の不動産にテナント様に賃貸して賃料収入を得る運用方法です。

不動産で資産運用をする場合、個人で所有して管理・運営を行うこともできますが、多額の資金が必要となり、容易にできるものではございません。

そこで皆様にも1口100万円単位から参画でき、管理・運営も不要で気軽に不動産投資ができるシェアリング型の資産運用商品「エード・ファンドMyシェア」をご用意いたしました。

投資対象の理由と運営内容

まず不動産投資について当社はどのような物件を投資対象にすればよいのかを考えてまいりました。

@マンション、Aオフィスビル、B倉庫、店舗などがあげられますが、@Aについては東京や大阪などの大都市の中心部に立地する物件が需要と供給の安定感もあり資産価値も高いです。

しかし資産運用として考慮すると物件価格が高騰により利回り(賃料から物件価格を割り戻したの利率)が低くなり、当社が考える投資対象としては適していないと判断し、Bの倉庫、店舗を対象とした物件で運用を開始しました。

対象とした主な理由は、当社は大阪・堺を中心に事業用不動産の運営から売買における実績(22年)を活かし、得意な分野と地域に特化することで効率よく運営し、お客様へ還元できる体制を整えてまります。

また倉庫、店舗(主にコンビニエンスストア、車のディーラー店)のテナント側も一時的な利用ではなく、事業計画に基づいて、事業用定期借地契約等を締結するので、長期に渡り一定の安定した賃料収入が見込めることができる事も魅力の一つです。

当社とテナント側とは10年、15年の契約になりますが、「エード・ファンドMyシェア」は当社とお客様の間では、最長3年間の運用期間にて契約を締結させていただきます。

当社は売却により売却益を得ていただくという投機的な運営ではなく、賃貸収益を長期に分配できる方針で運営を行ってまいります。

但し、当社の不動産運用は、お客様が「エード・ファンドMyシェア」の対象不動産に出資していただく形態になりますので、賃料収入を得る権利、出資金を返還する権利等はございますが直接不動産を所有するものではなく、一つの規模の大きい対象不動産をお客様方でシェアリングしていただく資産運用となりますので、当社は全てのお客様が同じ条件で、適正に運営を行う必要があります。

そこで当社は、業務の適正な運営を確保し、お客様の利益の保護を図ため、この運営を行う事ができる、不動産特定共同事業の許可を平成31年4月12日に監督官庁である大阪府より許可を取得して事業を行って参ります。(不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号)

この許可は国土交通大臣所管の事業であり、許可を取得するには事業開始前、直近3年の決算内容が連続して利益が有ること、その決算報告が監査法人又は公認会計士から確認いただいている事、資本金が1億円以上であることなど、経営基盤が一定の基準を満たしていることなど、許可の取得には厳しい諸条件があります

目的と方針

昨今は人生100年時代といわれ、老後の2000万円問題などが報道されておりますが、エード・ファンドMyシェアはお客様の資産運用のサポートができる一つのツールであると自負しており、また当社も各対象不動産に自ら出資、参画し、各対象不動産から得る賃料収入を事業の安定収益をして構築して参り、お客様と共に成長を目指していく方針でございます。

さらに詳しく知りたい方へ/資料請求はこちらさらに詳しく知りたい方へ/資料請求はこちら