不動産投資をしようと思っている人の場合、マンション経営をしようかアパート経営をしようか迷っている人もたくさんいます。
実際、不動産投資はとりあえずマンションでもアパートでもどちらでもいいのでは?と思うかもしれませんが、マンション経営とアパート経営では、いろいろ違いがあるのです。
費用が違うだけだと思っている人もたくさんいますが、実際の収益やリスクなどいろんな面で違いが出てきます。
自分にとって、マンション経営とアパート経営どちらの不動産投資が向いていそうなのかをまずは考えることが大事です。
初めて不動産投資をしてみよう、と思う人にとってはどんな方法がいいのか、と検討しているのであれば参考にしてみてください。

借入額での違い

マンション経営とアパート経営の違いを知る上で、最初に気になることは「そもそも、何がマンションで何がアパートなの?」ということです。
実際、何かの法律で区別されているわけではなく、明確な使い分けもされていません。
不動産会社やオーナーがマンション、アパートと分けているだけで、基準はないといえます。
ですが、一般的なイメージとして鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで造られた建物がマンション、木造共同住宅がアパートとなんとなく分けられています。
また、アパートは比較的面積が狭く、2階の建物がほとんどなのに対し、マンションは面積が広く、高層の建物ということもよく知られたイメージです。

この違いだけではなく、不動産投資を始める時の借入額も違いがあります。
イメージ通り、と思うかもしれませんがマンションの方が高くアパートの方が安いのです。
アパートであれば借入額が1億円なかったとしても不動産投資は可能ですが、マンションはそれ以上の金額で投資をします。
どうして借入額が違うのか、というのは明白でマンションとアパートは造りが違いますし、広さも高さも違うので、それだけ建設費用にも差が出てきます。
坪単価が安い、ということはそれだけ全体的に借入額を積まなかったとしても不動産投資できるため、投資するリスクを抑えることが可能です。
借入額が高くなると、自分で用意できる金額によっては自己資金割合が少なくなり、借入の審査に通らない可能性も出てきます。
でも、アパートのようにそもそもの借入額が抑えられるような建物の場合は、自己資金割合が多くなるので、不動産投資初心者の人はアパート経営から始めてみた方が安全性のある不動産投資をすることが可能です。
借入額の安さは、不動産投資のしやすさにつながるので、大きなポイントだといえます。

修繕額での違い

修繕額にもマンション経営とアパート経営では違いがあります。
マンション経営でもアパート経営でも、修繕費が必要なことに変わりはありませんが、大規模修繕なのか小規模修繕をこまめにやるかでの違いが出てきます。

例えば、マンションであればそもそもの設備が整っていることがほとんどなので、エレベーターや室内設備などの修繕や定期メンテナンスも大規模修繕のポイントになります。
マンションは階数も戸数も多いので、その分当然費用はかさみます。
ただ、マンションの場合は空室問題がそこまで発生しないので、入居者から修繕費を回収する見込みを立てられる可能性が高いですし、管理組合を作ることで町内会費を集めて修繕費に充当させることも可能です。
アパートの場合は、階数も低く戸数も少なく、エレベーターもないので大規模修繕をする必要はありません。
ですが、細々とした修繕は必要になるので、外壁の塗り替えやドアなどの修繕が発生します。
アパートだと、マンションよりもオーナーや管理会社と入居者の距離感が近いので、入居者から修繕の要望をしてくることもあり得ます。
その際は、応えないわけにはいきませんので、少しずつ修繕が必要になる可能性が高くなります。
さらに、アパートの場合は管理組合を作ることもほとんどありませんし、空室のになる可能性も高いといえます。
アパートでも発生する大規模修繕の時期になると、修繕の音などが嫌で入居者が引っ越してしまう可能性が高くなります。
そうなると、修繕費を見込めることが難しくなるので、修繕額が高かったとしてもマンション経営の方が安定して修繕できるといえます。
マンション経営とアパート経営で、修繕額の違いも不動産投資をする上で大切なポイントです。

完済時の収益の違い

マンションとアパートでは、当然最初の借入額も違うので完済するまでの期間も変わってきます。
すぐに完済できた方がその分、最終的な収益は増えるので魅力的に感じます。
実際マンションよりもアパートの方が、完済後の収益が高くなります。
ただ、それは単純計算であって、そのほかの管理に係る費用など経費が必要になるので、収益だけを考えるのは少し違います。
アパート経営の方がマンション経営よりも収益に見込みが持てる、と言えるのは空室状態がない場合です。
一般的に、空室はマンションよりもアパートの方が目立つ傾向があり、アパートの方が完全に収益が高いと思うのは少々浅はかかもしれません。
マンションの場合は、立地条件が整っていることがほとんどなので、空室リスクが低く、安定した収益を得る可能性が高いと言えます。

しかし、マンション経営の場合は投資額自体も高いので、相対的にみてもアパート経営の収益の方が出やすい環境だといえます。

どちらにしても、比較的収益を得やすいと考えられているので、不動産投資が多くの人から支持されている理由です。
マンション経営もアパート経営も、立地条件や土地の価格などで大きく収益は差が出てくるため、一概にどちらが良いといえません。
そもそもの投資額を見比べてみて検討するのも1つの手です。

まとめ

マンション経営とアパート経営の違いについてお伝えしました。
どちらも似ているようで似ていないので、それぞれの特徴を知ることが自分に合った不動産投資をする方法になります。
もともと、どれくらい不動産投資にお金を捻出できるのか、どういった賃貸事業を展開していきたいのか、という点も大きなポイントになるので、よく考えてみましょう。
もちろん、初心者の場合は自分1人の意見で不動産投資を決めることは難しいので、検討の相談として建築会社や不動産業者に相談をしてみる方が良いでしょう。
自分が求める経営を伝えてみると、最大限希望を考慮した提案をしてもらえますよ。