不動産投資のメリット

安定した収入

不動産投資の最大の魅力と言えるのが安定した収入が得られることです。物件を購入することで毎月安定した家賃収入を得ることができます。

例えば、現在就業中であっても今後何らかのトラブルで働くことができない状況に陥ることもあります。病気、事故、怪我などで働けなくなった時でも家賃収入で安定した収入を得ることができます。また、物件購入にあたり金融機関にてローンを組んだ場合も安心です。安定した家賃収入を得ることができるため、自己資金ではなくその家賃で得たお金をローン返済に使うことができます。

不動産投資の基本収入は家賃収入です。家賃は短期的な不動産価格の上下変動とリンクすることがないため安定した収入が得られると言えます。老後の年金の足しにする、サラリーマンを辞めて家賃収入1本にするなども可能です。所有する物件に入居者がいれば必ず毎月安定した収入が得られます。さらに短期的ではなく長期的に継続して安定した収入を得ることができるのは非常に魅力的です。他の投資商品では、このような安定した収入を得ることはできません。不動産投資には空室リスクこそありますが、立地の良い物件を選ぶことでそれを回避することが可能です。

【安定した収入が得られることのメリット】

  1. 自分が働かなくても副業として大家業ができる
  2. 老後の年金代わりになる・老後の安心材料になる

老後年金にプラスできる

安定した収入が得られるとなると老後も安心です。厚生労働省が公表している平均的な夫婦年金の額は決して安定した生活ができるものではありません。そのため、老後の生活に不安を感じている方は非常に多いのではないでしょうか。

光熱費、食費に加え、保険料、税金、医療費など生きていくためにはさまざまなことにお金がかかります。住まいが賃貸である場合はそこに家賃もかかってきます。そうなると厚生労働省が公表している平均的な夫婦年金の額(厚生年金)約22万円では生活できない場合もあるのではないでしょうか。不足した分は自己資金から支払う必要があるため、貯蓄が多少あったとしても徐々に減っていくことも不安要素となります。そんな老後の生活の安定となるのが不動産投資です。

家賃収入があれば毎月安定した収入を得ることができるため、年金の不足分を補うことができます。老後年金にプラスすることができれば、安心して生活することが可能です。しかしながら安定した収入を得たいのであれば、できるだけ築年数が浅い物件や、立地条件の良い物件を選ぶなど長期的な安定収入が見込める物件を慎重に選ぶことが大切です。

人生100年時代と言われている現代です。長寿であることは良いことですが、その中でやはりお金の問題が露出しています。老後に安定した生活をしたいと考えるのであれば、不動産投資は非常に有効な手段だと言えるでしょう。

相続対策

不動産投資は相続税や所得税の節税対策として活用することができます。亡くなった方の財産を相続人が承継すると、相続人は相続した財産の額に応じて相続税を納めなくてはなりません。現金はもちろん不動産もそれに該当しますが、現金や有価証券と不動産では相続税に違いがあります。現金や有価証券はあくまで時価で評価されるため、相続する額が多ければ多いだけ相続税がかかってきてしまいます。

しかし、不動産の場合は固定資産税評価額や路線価で評価されるため、評価額が低くなることが多いことから相続税を節税することができます。土地や一般住宅以外の賃貸物件の場合はさらに相続税を節税することが可能です。アパートやマンションといった賃貸物件の他、賃貸用に貸し付けられている土地もさらに節税対象となります。そのため相続税対策として現金や有価証券ではなく不動産として所有する方が増えています。

また不動産投資は所得税の節税にも繋がります。不動産を所有して得た利益や損失は、不動産所得として毎年申告することが義務付けられています。その際、不動産所得と給与所得は損益通算できるので所得税が少なくなります。

不動産投資は相続税や所得税の節税対策になることを説明しましたが、どちらかと言えば相続税対策として不動産投資をされる方が多いでしょう。それだけのメリットがあると考えても良いかもしれません。

生命保険の代わり

不動産投資のもう一つのメリットが生命保険の代わりとして活用できることです。一般的な生命保険の仕組みをご存知でしょうか。何らかのトラブルに備えて生命保険に加入されている方も多いと思います。万が一、一家の大黒柱が病気や怪我などで収入が途絶えてしまった場合に、保険金は支払われ残された家族を助けるのが生命保険です。そんな生命保険の代わりとなるのが不動産投資です。

価値の高い不動産や収益性の高い不動産を所有していれば、残された家族はその不動産を相続し、家賃収入を得る、売却してまとまったお金を得るなどができるからです。このようなメリットがあることから、最近では不動産投資が注目されるようになりました。

不動産を購入するにあたり金融機関のローンを利用される方も多いでしょう。ローン利用にあたり団体信用生命保険の加入を条件としており、ローンを組んだ契約者が死亡する、障害者になった場合などにローンの残債を肩代わりしてくれる保険です。そのため不動産購入のために組んだローンが残っていたとしても、残された家族がその残債を支払う必要はありませんし、所有している不動産も家族が相続することができます。

不動産投資としてアパートやマンションなど賃貸物件を購入しておけば、仮にすぐに売却できなかったとしても、毎月安定した家賃収入を得ることができるので、残された家族にとって非常に頼れる存在になるでしょう。不動産投資のメリットの一つ「相続税対策」でも説明しましたとおり不動産であれば相続税対策にもなるので所有者も家族も安心ではないでしょうか。

まとめ

不動産投資にはさまざまなメリットがあることがご理解いただけましたでしょうか。安定した収入になること、老後の生活費のプラスできること、相続税対策になること、そして生命保険の代わりになることなど魅力的なメリットがたくさんあります。

不動産投資はリスクが高いのではないか、難しいことも多いのではないかと思っている方も少なくないかもしれませんが、投資する物件をきちんと選び、不動産会社などプロの意見をしっかり聞くことである程度その不安は払拭できるでしょう。