不動産投資の成功例と失敗例

成功例[1]

不動産投資を始めるにあたり、不動産投資に成功された方々の声を聞いてみたいと思いませんか。

実際にどのような不動産投資をして成功されたのか、例を紹介したいと思います。

 

まずは公務員として働くAさん。

 

「偶然立ち寄った本屋さんで不動産投資についての本を見つけました。

前々から退職後の年金生活に不安を抱いていたため、今から何か資産形成ができないかと考えていたところ、その本を読んで不動産投資に興味を持ちました。

公務員として働きながら無理なく不動産投資をしたいと思っていたので、調べてみて自分に最適だと感じたエード・ファンドMyシェアという不動産小口投資を始めてみたいと思いました。

不動産投資は初めてのことだったため、本当に成功するのか、資産を上手く運用することができるのか不安は大きかったのですが、親身に相談に乗ってもらい、その不安を軽減することができました。

エード・ファンドMyシェアは「人生100年時代の資産形成」をうたっています。

確かに最近よくその言葉を耳にするようになりました。

公務員として働けるのも年齢制限がありますし、その言葉を耳にしたり目にすることで、退職後の人生に大きな不安を抱くことも多かったです。

不動産小口投資であるエード・ファンドMyシェアは初期投資費用が少なくて済みますし、元本割れのリスクが少ないので不動産投資初心者向きだと感じました。

仮に出資した不動産の価格の賃料が下落したとしても、まずは運営会社である株式会社エード・ライフがそれを負担してくれる優先劣後システムになっていることも好印象を受けました。

まだ不動産投資を始めて間もないのですが、将来がとても楽しみです。」

 

このように働きながら将来のために不動産投資を始められる方はたくさんいらっしゃいます。

Aさんは自分に一番合った不動産投資方法を見つけたようです。

不動産投資にはさまざまな種類がありますが、その中から自分に合ったものを選ぶことは一番の成功の秘訣です。

成功例[]

次に紹介する成功例は既に不動産投資を始めて数年が経過している定年退職をされたBさんです。

 

「定年退職後の交際費や生活費に不安を覚えたため、不動産投資を始めることにしました。

元々ゴルフや酒飲み、旅行など多趣味で仕事をしている間はお金の心配はそこまでありませんでしたが、退職後も同じような生活をしたいと考えた時に、お金が足りないのではないかと不安を覚えました。

そこで資産運用として私が選んだのは、家賃収入を得られる不動産投資でした。

家賃収入を毎月得ることができれば、それを交際費や生活費にまわすことができると思いました。

実際には定年退職前の半年前に不動産投資を始めました。

それから2年、一度も退職金に手をつけることなく毎日楽しく生活しています。

妻と旅行するのも定年退職後の楽しみでしたから、その費用も家賃収入から捻出しています。

今考えると、不動産投資を始めるのはとても不安でした。

妻にも心配されましたし、自分自身も絶対的な自信はありませんでした。

失敗してしまったらどうしようかとも考えましたが、やらない選択をしてしまうと何も変わらないと思い、思い切って始めて良かったと思います。

意外とお金が掛かる老後の生活に、家賃収入という大きな余裕が出来たことはとても喜ばしいことだと思います。

これからも妻と毎日楽しくシルバーライフを過ごしていきたいと思います。」

 

定年退職後に人生を楽しみたいという方はたくさんいらっしゃると思います。

Bさんは定年退職後の人生を思いきり楽しむために不動産投資を始められたようです。

確かに年金収入だけですと、退職金はなくなってしまうかもしれません。

不安で退職後の生活を楽しめないという方はいらっしゃるでしょう。

Bさんのように不動産投資に成功してシルバーライフを楽しめるのが一番です。

失敗例

不動産投資初心者であれば、成功例といっしょに失敗された方の声も聞いてみたいと思うはず。

そこで、ここでは不動産投資の失敗談を紹介したいと思います。

 

不動産投資でアパート経営を始めたCさんの失敗談です。

 

「家賃収入で生活したいと考え、金融機関からローンを組んで中古アパートを一棟購入しました。

駅から近く、買い物にも便利な場所に建っているアパートだったため、入居者が付くだろうと思って選びました。

入れ替わりは想像していたよりも多いとは思いましたが、空室になることがなかったので安心していました。

しかし安心していた矢先、入居者の家賃滞納が目立つようになってきました。

家賃滞納はある程度仕方ないと考えていたのですが、その頻度が多くなってきました。

あまりにも頻繁になったため注意した方が良いか考えていたところ突然、3ヶ月分の家賃を滞納したまま夜逃げされてしまいました。

アパート経営で最も大きなリスクが空室リスクだと思っていましたが、滞納後に夜逃げされるというリスクもあることを実感しました。」

 

続いてアパートの管理に苦労したDさんの失敗談です。

 

「中古アパートを購入し、家賃が安いことを売りにしようと考えました。

家賃が安ければ空室リスクが少ないと思ったからです。

しかし家賃が安いことが災いになり、質の悪い入居者が多くとても悩んでいます。

物件はペット不可なのですが、黙ってペットを飼っている入居者、部屋を乱暴に扱う入居者などが目立ち、退去の際にかなりのリフォーム費用が掛かってしまいました。

夜の騒音問題やゴミマナーの悪さも問題で、とにかく入居者に恵まれない日々が続いています。

アパートを購入した際も安いと思いましたが、やはり安いなりの理由があったのだと感じました。」

 

不動産投資としてアパート経営を選んだ方々の失敗談でした。

確かにアパート経営にはさまざまなリスクがあるかもしれません。

そのリスクをしっかり頭に入れてアパート経営をしなければ失敗と感じてしまうのでしょう。

まとめ

不動産投資に成功される方、失敗される方の大きな違いは「不動産投資を安易に考えているかいないか」ではないでしょうか。

不動産投資は儲かると聞いたからと自分できちんと勉強せずに始めてしまう方や、この物件は利回りが良いからおすすめなど購入をすすめられるがまま契約してしまう方は失敗する可能性が高いのではないでしょうか。

具体的な目標を持って始めることで、成功するのが不動産投資です。

不動産投資はしっかりとした自分の意思と目標を持って始めることをおすすめします。

また、不動産投資のリスクが不安だという方は、当社の不動産小口投資「エード・ファンドMyシェア」がおすすめです。

エード・ファンドMyシェアなら不動産を所有することなく気軽に賃貸事業に参加することができます。