20代におすすめ不動産投資方法

20代はまだ社会に出て間もない世代です。

貯蓄が多いとはいえませんし、金融機関から多くの融資を受けるのも難しいでしょう。

それでも投資に興味がある方はいます。

ただ、不動産投資に興味はあっても何から始めたら良いのか、安全な不動産投資とはどういうものなのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

 

不動産投資は他の投資商品より長期にわたる投資です。

不動産投資を始めるのは早ければ早いだけ時間を味方につけられるため、長期的に家賃収入を得られるメリットがあるのですが、

上述したように自己資金をたくさん準備することが難しい傾向にあります。

金融機関から多くの融資を受けられたとしても、借入れ比率が高くなってしまうため高いリスクが伴います。

そんな20代におすすめできる不動産投資方法は少額で始められる不動産投資です。

 

【1,000万円以下の物件を狙う】

20代でアパート1棟投資や戸建て投資、マンション投資をするのであれば、1,000万円以下の物件に狙いを定めましょう。

1,000万円以下の物件の場合中古になりますが、それ以上の金額の物件を狙うとリスクが高いのです。

20代に対して金融機関は他の世代よりも高い金利をつけてくることが多いからです。

1,000万円以下であれば、ある程度リスクを抑えられるでしょう。

今後2棟目、3棟目と所有物件を増やしていくと考えれば、

最初は1,000万円以下の物件を購入することをおすすめします。

 

【マンション1室投資】

マンション1室ならば20代でも気軽に不動産投資を始められるでしょう。

マンションの1室だけを所有するので、1棟投資よりも管理は比較的簡単です。

購入金額も1室だけなのでそれほど高額にはならないはずです。

 

【不動産小口投資】

不動産小口投資は実際に不動産を所有することなく不動産投資を始められる投資商品です。

当社が運営するエード・ファンドMyシェアは、

一口100万円から始められますし、プロによる運用のため手間が少ないのです。

まだ社会人として世に出たばかりの20代であれば、気軽に始められる不動産投資をおすすめします。

 

30代におすすめ不動産投資方法

30代になると年収・貯蓄が増えていく年代ですが、

一方で、結婚や子供が誕生する世代でもあるので出費も多いといえるのではないでしょうか。

これらの出費の捻出なども考えて投資を考える世代でもあります。

なぜ30代に不動産投資がおすすめなのか。

それは子どもの教育や住宅、老後のことなどを真剣に考えはじめる年代のためです。

不動産投資は長期的に行う投資であり、リスクもありますが毎月安定した家賃収入を得られるものです。

子どもの教育資金や住宅、老後の資金など長期的な資産形成で構築していく場合は、

不動産投資で資金を確保していくことが望ましいでしょう。

 

そんな30代におすすめの不動産投資方法は無理ない範囲で投資ができるワンルームマンション投資など、比較的低価格で購入できるものです。

ワンルームマンションは売買しやすい特徴があります。

30代なら長期的なスパンを考えて投資できる年代です。

まずはワンルームマンションといった気軽に始められる投資から始め、ある程度資金や知識を確立したら、今度はアパート一棟投資などにチャレンジしても良いでしょう。

ただ問題は不動産投資を始めるにあたっての資金繰りではないでしょうか。

子どもの教育費、住宅、保険など多くの資金が必要な時期ですので、

今持っている貯金を全てつぎ込むのは難しいでしょう。

そこで考えるのが金融機関からの融資です。

金融機関のローンを活用すれば、不動産投資を始めることが可能です。

 

40代におすすめ不動産投資方法

40代になると収入も安定しており、ローンも通りやすい年代です。

20代や30代に比べると社会的信用も大きいのが強みです。

社会的信用度が高いということは、比較的高額な物件もローンで購入できるということ。

金融機関のローンを活用しながら資産運用を行うことができるでしょう。

40代における不動産投資のポイントとなるのが何を目的として投資を行うのかです。

貯蓄なのかそれとも使用するためなのか。

老後の資金確保のために貯蓄するという方は多いと思いますが、

普段の生活をもっと豊かにしたいという目的の方もいます。

40代で不動産投資を始めるのであれば、将来設計を視野に入れて考えることをおすすめします。

そんな40代におすすめの不動産投資方法は「アパート1棟投資」や「マンション1棟投資」といった1棟投資です。

物件は新築でも中古でも良いのですが、ローンが通りやすい年代のため新築物件の方が良いかもしれません。

新築物件なら長期的な資産運用を考えられるからです。

できるだけ利回りの良い物件を選ぶのも大きなポイントとなります。

40代はローンで不動産投資を始めるラストチャンスになる可能性もある年代です。

1棟投資には高額な資金が必要となるため、できるだけ長期的な借入れをしたいものです。

20~30年の長期ローンができる最後のチャンスになるかもしれないのが40代です。

もちろん50代になってもローンは可能ですが、返済期間が短くなってしまうことが考えられます。

時間を最大限利用して不動産投資ができるのは40代のポイントです。

 

50代からの不動産投資

50代になると子育て・教育費用がひと段落つく年代です。

それに加え、老後の資金繰りも真剣に考える年代ではないでしょうか。

定年後の収入として挙げられるのが「年金」です。

ただ、世間でも問題視されているように、年金だけで生活するのはなかなか難しいものです。

できるだけ年金に頼らない生活を目指すためにも、50代から不動産投資を始める方は非常に増えています。

定年が60歳だとします。

それまでの約10年である程度収入や資産を構築するにはどのような不動産投資方法が良いか。

おすすめできるのは「利回りの良いアパート1棟投資」です。

高収入な方であればマンション1棟も良いですが、一般的な収入の方であればアパート1棟投資の方が良いかもしれません。

 

まとめ

年代別に最適な不動産投資方法は異なります。

より最適でより安定した収入を得られる不動産投資方法を選ぶことが大切です。

また年代別で金融機関からの融資についても異なります。

若ければ若いだけ有利とは言いませんが、できるだけ早くに投資を始めることをおすすめします。