不動産投資を少額で始める理由

ローリスクで不安を抑える

不動産投資には少なからずリスクがあります。

とはいえ少しでもリスクを回避して不安は抑えたいものです。

アパートやマンションを購入する不動産投資は高額な費用が必要です。

自己資金がない場合は金融機関で融資を受けるのが一般的ですが、リスクに対して不安は大きくなると思います。

特に不動産投資において初心者である方の不安はより大きいものです。

そんな不動産投資初心者におすすめなのが少額不動産投資です。

そもそも不動産投資において「少額」とはいくらほどなのでしょうか。

不動産投資においては1,000万円以下を少額と指す場合が多いのですが、人によってはそれでも高額だと感じてしまうでしょう。

 

近年、できるだけローリスクで不動産投資を始めたいという方に人気のひとつであるのが「不動産小口化商品」です。

1つの不動産を出資金を出した投資家全員で共同所有し、家賃収入(インカムゲイン)や売却益(キャピタルゲイン)を分配する不動産投資商品のことです。

不動産小口化商品であれば、1万円~100万円単位の投資になるため、株やFX、その他の不動産投資と比較すると参加しやすいといえます。

 

このように少額で不動産投資を始める理由のひとつに、投資のなかでもローリスクであり、特に初心者にとっては不動産投資の不安を軽減しやすいことが挙げられます。

株やFXなどと比較するとローリスクローリターンではありますが、それでも手軽に資産運用をはじめることができます。

不動産小口化商品だけでなく、比較的少額で始められるものもあります。

例えば、少額物件を購入することです。

少額物件ならばローンの借入額も返済額も少なくて済むので、比較的安定した経営ができます。

また、仮に失敗したとしても損失も少なくて済むため初めての不動産経営には向いているかもしれません。

さらに少額投資であれば、ローンを組まずに自己資金のみで始めることが可能な人もいるでしょう。

ローンの返済がなければ、はじめから収益がプラス収入となるので不安は少なくなるのではないでしょうか。

 

失敗の確立が低いので継続できる

上述したように不動産投資において少額と言われているのは一般的には1,000万円以下の物件です。

不動産投資業界のなかでは金額的にリスクもそれほど大きくないため、不動産投資を始めやすいといえるでしょう。

不動産投資において物件の購入に全額自己資金でという方は少ないと思います。

しかしあまりにも高額なローンを組んでしまうとローンの返済が非常に大変ですし、家賃収入が返済額を上回らなくては苦しくなってしまいます。

不動産投資においての最大のリスクと言われている空室リスク。

投資においては何事もリスクがゼロということはありません。

思ったよりも空室期間が続いてしまうことも全くないとは言えません。

そうなるとローンの返済が厳しくなってしまいます。

しかし少額物件であれば、仮に空室があったとしてもローンの返済額が少ないので、ゼロではありませんが失敗の確率は低くなります。

失敗の確立が低ければ、不動産投資を継続することができます。

不動産投資は性質上、結果が出るまでに時間がかかります。

そのため、長期的に資産を形成していく投資方法です。

高額不動産投資をしてしまい、途中で失敗してしまうと高額な借金を抱えてしまい、物件を手放すことに繋がってしまいます。

少額不動産投資であれば、仮に失敗と感じることがあっても、それを踏まえて成功に導く対策を考え、立て直すこともできるかもしれません。

 

作った資金で更なる資産運用ができる

少額不動産投資だからといって、利益が少ないまま継続しなくてはならないなんてことはありません。

基本的な資産形成の考え方を説明したいと思います。

資産形成において、最初から高額投資をされる方もいらっしゃいますが、まず少額で投資できる投資商品で頭金を作り、それを元手に大きな金額を扱う投資を始めるというのが一般的に提唱されていることです。

それを少額不動産投資に当てはめてみましょう。

まずは少額で不動産投資をはじめ、それで作った資金で更なる資産運用をすることが可能です。

保有している不動産を売却したり、コツコツと収益を貯蓄したりして自己資金を増やすことで、それまで以上に大きな物件に再び投資することが可能なのです。

 

例えば、不動産小口化商品で少ない自己資金から不動産投資を始めたとします。

確かに物件を所有して家賃収入を得るよりも収益は少ないかもしれませんが、それを貯蓄してある程度自己資金ができた時点で、物件購入を考えても良いのではないかと思います。

資産形成の第一歩を少額不動産投資から始めるのは有効的でおすすめの手法のひとつです。

 

【エード・ファンドMyシェアのおすすめポイント】

 

当社の不動産小口化商品は一口100万円からの少額資産で運用が可能です。

おすすめできるポイントを3点ご紹介します。

 

1.不動産を所有せずに賃貸事業に参加できる

管理運営は当社が行うため手間なく不動産投資に参加することが可能です。

不動産小口化商品のため、固定資産税などの税金、修繕費、管理なども必要ありません。

2.長期的に安定した投資商品

エード・ファンド Myシェアは長期的に安定した賃貸事業を目的としているため、比較的景気に左右されにくい投資商品です。

そのため長期的に安定した投資ができます。

3.優先劣後システムでリスク軽減

エード・ファンド Myシェアは対象不動産の出資総額に対し、7割から8割を募集します。

そして残りの2割から3割を当社が自ら出資します。

そのため仮に対象不動産の価格や賃料が下落した場合、先に当社が負担いたしますので、優先して賃料(分配)や出資金の返還を受取ることができます。

 

まとめ

少額不動産投資は不動産投資初心者におすすめの投資スタイルです。

優先劣後システムにより投資者のリスクを軽減し、不動産特定共同事業による運営は比較的景気に左右されにくい投資であり、対象不動産からの賃料が収益となるため長期的な運用ができます。

不動産投資を考えた時に最初から高額投資をするのではなく、まずは少額から始めることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。