不動産投資をいざ始めよう!と思っても、何もかもが未知のことなので非常に疑問点が多く起きる可能性が高いのです。
とはいえ、誰に聞いたらいいのか、そもそも何が疑問なのかよくわからないという人もたくさんいます。
漠然と資産運用がしたいと思っていても、行動するときに混乱してしまってはしっかりとした不動産投資をすることはできないので、初心者がありがちな質問をまとめてみました。
基本的な質問なので、不動産投資の初心者が疑問に思う点をいくつかお伝えします。

不動産投資は何から始めたらいいのか?

ほとんどの不動産投資初心者は、まずこの疑問に行き着くのではないでしょうか。
不動産投資を始めてみたいけど、結局のところ何をどうしたらいいのかということが全く見えてこなくて、実際に行動するまでに時間がかかってしまった、という人もたくさんいます。

まず、不動産投資を始めるときに意識をしなくてはいけないのは、情報の収集です。
不動産会社に相談しに行くもよし、セミナーに行って実際に不動産投資に関わっている人と話すことによって多くのことを勉強できます。
セミナーの内容選びも重要で、数多くあるセミナーの中には初心者向けから上級者向けまで講義内容は用意されているので、今の自分の段階に合わせたセミナーに参加することが1番大切です。
セミナーで人から話を聞くのであれば、購入したいなと思っているエリアの物件相場や、賃料はどれくらいなのか?などをいろいろ聞いてみるといいでしょう。
話をしているうちに、自分が思っている土地よりも良さそうな場所を見つけられるかもしれませんし、いろんな情報を持っているということはそれだけ選択肢が広がるきっかけになるので、おすすめです。

次に情報を得たあとは、物件探しをしましょう。
立地条件の良さや地域のブランド性にばかり目が行きがちですが、実際に不動産投資をして賃料収入を得たいのであれば、多くの人が手出しのしやすいエリアで高すぎない賃料でも十分に運用していけるような物件を探す必要があります。
人気エリアの調査や周辺情報などはインターネットで気軽に検索できる時代ですが、実際の物件情報は不動産会社に行かなくてはわかりません。
不動産会社に事前に、不動産投資をしたいことや希望のエリアなどを伝えておくと事前に用意してくれていますし、相談もしやすいので事前準備は不動産投資を始める上で非常に重要なことだと言えます。

どれくらいの頭金が必要なのか?

マンション経営となるので、不動産投資をする上でやはり気になるのは、頭金はいくら必要なのかということです。
不動産投資をしようとしているため、1部屋だけを購入するわけにもいきません。
不動産投資初心者の中には、区分所有だけを行って、徐々に一棟買いに向けて検討するという人もいますが、多くの場合は一棟買いなので大きなお金が動きます。
通常はローンを組んで購入しますが、頭金をたくさん入れたら入れるだけ返済額も減るため、実際不動産投資をする時にどれくらいの頭金が必要なのだろうと不思議に思うのは当たり前のことです。

ポイントは頭金がいくら、という考え方ではなく、一般的に年収から計算してどれくらいまでなら借入可能なのかということをまず考えましょう。
大体年収の5倍程度だと確実で、ボーナスなど見込める収入が多い場合は10倍くらいでもローンの審査は通るといわれています。
普通のサラリーマンの年収が大体400万から500万円くらいなので、2,000万円から5,000万円くらいなら借入可能になる可能性が高いといえます。
そこから考えると、正直払えるのであれば頭金ゼロでも良いのではないかと思いますが、実際頭金ゼロだと返済が多くなるだけなので、いつまで経っても収入が増えません。
結局普通にマンションを購入しただけの人になってしまうので、頭金は入れるほうが賢いでしょう。
相場的な頭金の金額は、物件購入額の10%から30%だと考えられています。

ローンを組む銀行や信用金庫などによっては、利用者の年収や資産状況によっては頭金無しでも良いですとしている傾向もありますが、ほとんどの銀行も信用金庫も頭金を入れるよう促しています。
必ず行っているという銀行や信用金庫は少なかったですが、概ね行っているというところは多かったので、自分が購入したい物件の金額と頭金の金額はよくよく計算しておくことが大切です。

不動産投資より株やFXの方が良さそうだけど?

不動産投資は、安定した収入を得ることは期待できますが、大きな収入を得ることはできないイメージが強く、どちらかといえば株式やFXのような経済に関連する投資の方が収入は良さそうではないかと思う人もたくさんいます。
最近では、株もFXも投資未経験の人が多く成功している、とSNS上でも話題になっていますが、堅実に収入を得ようと思うのであればやはり不動産投資がおすすめです。
株やFXというのは、金融商品と呼ばれていて投資のために銀行から融資してもらうことはできませんし、社会情勢や世界経済において多大な影響を受けるため、良いときは良いですが、ダメな時はとことん悪いというのも大きな特徴です。
つまり、リターンは大きいかもしれませんが、その分リスクも高く、成功するのはほんの一握りの人だけだといえます。

一方で不動産投資は、基本的に銀行から融資をしてローンを組み、空室を埋めて賃料収入を得ていきます。
賃料なので、大きな跳ね上がりをすることはありませんが空室さえ出なければ、着実に収入を得ることは可能です。
それに、人間にとって住居というのは生活をする上で非常に重要なポイントになるので、住む場所を持たない人はあまりいません。
だからこそ不動産投資は、投資初心者でも簡単に始められて、あまり年代も問わない魅力の多い投資方法だといえます。
株やFXというのは日夜経過観察を続けなくてはいけませんし、売り時を誤ると大きなマイナスになってしまう可能性があるので、気持ちが張り詰めてストレスの多い投資方法です。
不動産投資であれば、オーナーとして管理をしながら自分の趣味のように収入を得られるため、ストレスはあまりないです。
投資をするのはもちろん収益を増やすためですが、気持ちが張り詰めてしまうようでは投資自体が嫌になってしまいます。
のびのびと収入を得られる不動産投資の方が、確実で安全な投資方法なので株やFXのようなギャンブル性を求めていない人には人気です。

まとめ

不動産投資初心者が気になる疑問点をご紹介しました。
初めてのことだとなにかと不安になるものですが、ある程度のことを勉強してから不動産投資を開始すると、安心でしょう。
疑問点があれば、まずは専門家に相談する、本を読むなど学ぶことが大切です。