ワンルームと一軒家どっちがいい?

不動産投資にはさまざまな種類がありますが、

そのなかでも多くの方が迷うのが「ワンルームマンション投資」か「一軒家投資」かどちらにするか、です。

不動産投資初心者にとってやはり気になるところではないでしょうか。

そこで、それぞれのメリットとデメリットを説明します。

 

【ワンルームマンション投資のメリット】

1.建物丸ごとではなく一室から購入できるため、資金が少なくても不動産投資を始められる

2.好立地で入居率の高い物件でもワンルームのみなら購入しやすい

3.マンションは基本的に鉄筋コンクリート造のため担保価値が高く、銀行などから融資を受けやすい

4.長期的な投資に向いている

 

【一軒家投資のメリット】

 

1.一度入居者が決まれば入居期間が長いことが多いため、長期的に安定した収入を得られる

2.利回りが高い

3.入居者がいる間は管理費用がかからない

4.地価相場が上昇した際に売却すれば大きな利益を得られる

5.自分自身の家族で住める

 

【ワンルームマンション投資のデメリット】

1.利回りが低い

2.空室が続くことで赤字になることがある

3.マンションの一室のみを所有するため、建物全体の修繕は自分自身の都合で行えない

 

【一軒家投資のデメリット】

1.建物が古い、場所が悪いなど条件が悪いために入居者が決まらずなかなか収入を得られないことがある

2.土地と建物全てを購入する必要があるため、まとまった資金が必要になる

3.建物や設備が古いことで、リフォーム費用が高額になることがある

4.地価が下落することで大幅に査定額が下がってしまう

 

ワンルームマンション投資は、一室から購入できるので手軽に始められるのが大きなメリットではないでしょうか。

一軒家投資は条件が良ければ良いだけ高額な資金が必要になるため大きな決断を強いられます。

どちらが良いとは言えませんが、

不動産投資初心者ならばワンルームマンション投資の方が始めやすいかもしれません。

 

中古と新築はどちらがお得?

不動産投資には一戸建て、マンション、アパートなど種類がありますが、

どの種類でも迷うのが「新築」か「中古」か、ということです。

どちらを選択するかによって収益にも違いが出てくるので、

不動産投資初心者にとっては頭を悩ませる問題ではないでしょうか。

ここでは、不動産投資における「新築」と「中古」の違い、

そしてどちらがお得なのかを説明します。

 

【不動産投資で一番考えたい!利回りならどっちが良い?】

不動産投資を始める大きな目的といえば「家賃収入」を得ることです。

できるだけ多くの収入を得るためには「利回り」を考える必要があります。

利回りとは、年間家賃収入の物件価格に対する割合のことです。

物件を購入した金額をどのくらいの期間で回収できるかの目安になります。

例えば、利回りが15%ならば約15年で物件購入金額を回収できるという意味です。

では新築と中古、どちらの方が利回りは高いのか。

それは「中古」です。

中古物件は新築物件の価格に比べて非常に安くなるため、利回りを比較すると中古の方が高いと結論付けられます。

家賃的には新築の方が高く設定できるのですが、物件自体が高いのでなかなか利回りが伸びないと言われています。

 

【不動産投資の資金調達 金融機関の審査が通りやすいのはどっち?】

不動産投資を始めるにあたり、金融機関から融資を受けるのが一般的ですが、

金融機関から融資を受けるにはまず審査に通らなくてはなりません。

住宅ローンではなく投資用のローンになるため、自分自身の審査だけでなく購入する物件も審査されます。

新築の場合は、担保価値が高いとみなされ融資の審査が通りやすく、

中古の場合は、担保価値が低いとみなされることも多く、

ある程度利回りが確保できなければ審査が通らないことも多々あります。

 

【不動産投資としてリスクが高いのはどっち?】

中古の方が利回りは高いと説明しましたが、

物件によってはリフォーム・修繕費用が高額になることがあります。

リフォーム・修繕費用が高額になればなるほど利回りが悪くなってしまいます。

新築の場合は、すぐに修繕やリフォームが必要になることはありませんし、

数年が経過して修繕するにもそれほど費用が高くなるとはあまり考えられません。

中古でも築年数を考えて購入しなければなりませんし、

築年数が古ければ古いだけリフォーム・修繕費用が高額になると考えましょう。

 

【結局お得なのはどっち?】

中古と新築、結局お得なのはどっちなのかといえばどちらとも言えません。

中古でも修繕・リフォームされた良い物件もありますし、

新築でも立地が良いとは言えない物件もあります。

新築であっても中古であっても、その物件をよく見極めることが大切です。

 

都会の物件の方がいい?

不動産投資用の物件は都会だけでなく郊外にもあるものです。

自分が住んでいる地域の物件だけでなく、他の地域の物件を購入する投資家はたくさんいます。

不動産投資をする場合、都会と郊外の物件どちらが良いかと比較しても一概にどちらが良いとは言えません。

なぜなら郊外にも良い物件はたくさんあるからです。

投資用物件は都会よりも郊外の方が価格は安く利回りが良い物件が多くあります。

特に一戸建て物件は郊外の方が多いのです。

しかし、郊外はどうしても地価の評価額が低いので、

売却したいと思った時には値がつかないということもあるかもしれません。

建物の価値の下落、地価評価額の下落により購入した金額を大幅に下回ることもしばしば。

それを考えると、不動産投資家初心者には都会の物件の方が良いのかもしれません。

都会の物件は、あまり価格が下がりにくいという特徴があります。

もちろん、都会の物件もピンキリですが、良い物件であれば価格が下がり難いといえるでしょう。

 

まとめ

不動産投資初心者にはさまざまな疑問があると思います。

その疑問は「失敗したくない」という思いからくるものです。

ワンルーム投資にするか一軒家投資にするか、

中古か新築かなど不動産投資を始めるにあたり迷うことはたくさんあるかもしれません。

しかし、不動産投資に関する知識を得て情報収集をしっかり行うことで、どの物件を購入したら良いかはっきりとするはずです。

そういった不安や疑問を払拭するためにも、不動産投資を始めるにはしっかり勉強・情報収集を行いましょう。

それでも不安や疑問が解消されない場合は、専門家や不動産投資のベテランの方に話しを聞くことをおすすめします。