不動産投資を始めようと思っている人は、多くの場合はマンションごと購入する一棟買いをイメージします。
なぜなら、区分所有の場合は部屋単位での購入のため利益が少ないとか失敗しやすいという声も聞きますし、折角不動産投資するのであれば、一棟買いするメリットの方が多そうという意見もあります。
実際どっちがいいの?というのはそれぞれの不動産投資スタイルによって違いは出てきますし、メリットデメリットも違うんです。
そこで、不動産投資をしようと思う人であれば知っておきたい一棟買いと区分所有の違いをお伝えします。

一棟買いと区分所有の違い

マンションを購入して不動産投資を始める時、区分所有にするのか一棟買いをするのかという選択を最初にします。
一棟買いというのは、文字通りマンションそのものを購入することで、区分所有というのは、部屋単位で購入する方法です。

どちらを選択してもメリットデメリットは存在しますが、大きな違いは金銭面です。
区分所有の場合は、初期費用や経費は非常に安く済みますし、そもそもの投資費用が抑えられることがメリットです。
ですがその分入ってくる収入も少なくなり、実質的に収入をアップさせたいといった気持ちで不動産投資を始めるのであれば、若干物足り無さを感じます。
一方で、一棟買いの場合は初期費用やローン、建物を維持するための修繕費用など必要なお金が多いですが、その分全部屋埋めることによって大きな収益を上げることが可能です。
多くのマンションが大体50戸程度の部屋数があるので、空室がなければ50部屋分の収入が入るわけです。
収益と経費を差し引いてみると、一概にどちらが良いとはいえません。

また、空室リスクというものにも違いが出てきて、不動産投資の場合はいかに空室を少なくして安定した収入を得られるのかという点です。
区分所有の場合は、1部屋から数部屋購入しているだけのため、非常に空室リスクは低く一度部屋が埋まれば一定期間入居者がいることが確定的です
しかし、いざ退去してしまうと他の部屋での収入補填ができず、0か100かの大きな違いが出てくるので、空室が出た時の損失はかなり大きいでしょう。
一棟買いの場合は、マンション全部の部屋を所有しているわけですから、1部屋空室が出たとしてもそこまで大きなダメージはありません。

いろいろ違いがあるのでよく検討する必要があります。

経営するなら一棟買い

不動産投資、というのは基本的にマンション経営をする人がほとんどであり、区分所有で購入するよりも一棟買いの方が収入を見込めるのでおすすめです。
区分所有だと、どうしても費用は安く済みますがそれ以上にデメリットもあるため、リスクを変えがちです。
ですが、一棟買いの場合は家賃収入の金額も多いですし、空室が出た時の影響が少なく済みます。
家賃収入が多い、ということはそれだけ不動産投資の際に必要だったお金を回収する速さも全然違うんです。
早期にローンを返済できれば、あとは諸経費のみなので収入アップが見込めます。
不動産投資をする人で、収益を気にしない人はいないので、収入を見込めるというのは非常にメリットに感じられるポイントです。

また、一棟買いの場合は、マンション全体が自分のものなので、時代に沿った建物管理ができます。
その際に発生した修繕費用も管理費を賃料に組み込んでいれば、そこまで大きな負担なく行えます。
自分の自由にマンション経営が行えるというのはとても魅力的です。
オートロック、防犯カメラ、室内のリノベーションなど、不動産というのはいろんな変化を出すこと可能なので、区分所有ではできない自由さを手に入れられます。

メリットが多い不動産投資ですが、デメリットは初期費用が非常に高いことです。
購入しようと思っているマンションの戸数によっても違いがありますが、マンションを一棟買うわけですから、費用面で言えば一棟買いは負担やリスクが大きい投資です。

区分所有から一棟買いへの変更も検討に

経営向きな不動産投資は一棟買い、とお伝えしましたが費用面での負担や初めて不動産投資をするので、いきなり一棟買いをするのは不安が残る…という人の場合は、まず区分所有から始めてみても遅くはありません。

最初は区分所有で不動産投資を始めてみて、慣れてきた頃に一棟買いに変更するということも可能です。

区分所有でも一棟買いでも基本的に費用負担はかなりあるものなので、最初から一棟買いをするのは非常にリスクを感じる人も中にはいます。
なので、手始めに区分所有してマンション経営とは、ということをきちんと理解できた頃に一棟買いに変更して、より高い収益を目指した投資をすることも1つの選択だといえます。
誰だっていきなり高いリスクは背負いたくありませんし、そもそも自分が不動産投資に向いているかどうかすらわかりません。
自分の可能性を知るためにも、区分所有から始めてみるのは1つの手です。
区分所有の場合は部屋数に応じての初期費用となり、一棟買いよりも安く済みますし、修繕なども部屋ごとに必要にはならないので諸経費もかさまずに済みます。
多くの収入を得ることは難しいですが、区分所有だけでもマンション経営について学ぶことは十分できるので、一度検討してみてもいいかもしれません。
自信がつくまでの一定期間と決めるもよし、少しずつ区分所有の数を増やしていくもよし、といった経営の自由さは不動産投資の醍醐味に感じられます。

まとめ

不動産投資をする際に、一棟買いと区分所有者の違いを知らなくては非常に大変です。
イメージだけでどちらかに決定してしまうと、自分が思っていた経営ができずに苦しむこともありますし、費用負担が大変だといった自分の持つイメージとの差が出てきてしまいます。
不動産投資の場合、初期費用はどちらの方法でも高めなので、なんとなくで決めてはいけません。
きちんと、自分はどんな経営をしたいのか自信はあるのか、資金はあるのかなどを考慮しながら、一棟買いにするのか区分所有にするのかを検討するようにしてください。
不動産投資は、そう易々とできる投資ではなので、最初の購入の段階ではとても慎重に決めてください。