2019年に老後2000万円問題が取り上げられ、不安になっている人も多いのではないでしょうか。

「年金だけだと心もとない」
「安定した老後を送りたい」

そのように感じている人もいるでしょう。

投資をすることで、老後問題、年金減額を解消し、定年後も安定した生活をおくることができます。

投資にもさまざまなものがありますが、その中でも不動産投資をおすすめします。

今回は、不動産投資で老後の備えについて考えるときに役立つポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

老後問題・年金減額に対処するためにまずは投資の基本を理解

老後問題を解消し、今後減っていくかもしれない年金以外の収入源を手に入れるために、まずは投資の基本である分散投資について知っておきましょう。

イギリスの運用に関する格言に「卵をひとつのかごに盛るな」という言葉があります。

卵をひとつのかごに盛っていたら、そのかごを落としてしまった場合すべての卵が割れ、失ってしまうことになります。

しかし、いくつものかごに分けて卵を入れておくと、どれかひとつを落としたとしても、それ以外のかごに入れた卵が割れることはありません。

同様に、安定して収益を得られるようにするためには、リスクを分散する必要があります。

これが投資の基本である分散投資です。

また分散投資は、資産・地域・時間の3つを基準に分散させることでリスクを抑えることができます。

資産の分散

今から投資を始め、老後問題に備え安定して収益をえるために、資産を分散することが大切です。

金融商品にはいくつも種類がありますので、自分にあった商品に資産を分散しましょう。

  • 預金
  • 株式
  • 債券
  • FX
  • 不動産
  • 保険…

これらの金融商品に資産を分けて投資することで、どれかで損失を食らっても他の商品でカバーすることができます。

その結果、老後問題を解消し、年金以外にも収入源を作ることができます。

地域の分散

債券や保険、海外積立など日本以外の商品にも投資して、地域を分散させることも重要です。

特に株やFXなどは政治や経済の影響を受けやすいので、地域によって価格が大きく変化します。

また、債券や海外積立に関しても利子の大きさ、元本保証の有無などさまざまです。

老後問題に備えて、いくつもの地域に分散しリスクを抑えましょう。

時間の分散

最後に時間の分散です。

一度に全部の資産を投資するのではなく、時間をあけて定期的に投資することで、収益の増減を抑えることができます。

仮に、全資産を一度に投資した場合、価格が下がるとすべての資産が影響を受け、大損失になりかねません。

しかし、長期的に分散投資することで価格の上下によるリスクを抑え、また最初に多額の資産を用意する必要がないというメリットもあります。

時間を分散することで定年になって周りが老後問題に直面しているときにも、自分はこれまで蓄えてきた資産を以てさらに運用していくことができるでしょう。

老後問題や年金問題を解消できる不動産投資のポイント

老後2000万円問題を解消するためには、不動産投資がおすすめです。

  • 毎月安定した家賃収入得ることができる
  • 経済や政治の影響を受けにくい
  • 融資を受けて購入することができる

不動産投資にはこれらのメリットがあります。

しかし、これから紹介するポイントを知っておかないと、むしろ損失を抱える可能性もありますので、今のうちに学んでおきましょう。

ポイント① 信頼できる不動産屋を見つける

信頼できる不動産屋を見つけるための第一歩として、まず口コミなどを確認することは必須です。

不動産屋を検索し、候補となる不動産屋の口コミをメモしていきましょう。

では、不動産屋に行ってからの信頼できるかどうかの判断基準はどこでしょうか。

それは、自分の状況をしっかり聞き出して理解し、同じ立場で考えて物件を選んでくれるかどうかだと思います。

これから不動産投資を始めるという方もいらっしゃると思いますが、そういった方からすると、相談から販売、物件購入後のアフターフォローまでしてくれるかどうかも非常に重要だと思います。

また、物件に関するリスクや将来的な視点を持たずに、物件や価格についての現況だけを説明してくる不動産屋は注意が必要です。

ポイント② 良い物件を見つける

不動産投資において良い物件とはどのような物件でしょうか。

それは、利回りが高く、効率的に収益を得ることができる物件です。

しかし、高い利回りばかりに目がいってしまうと痛い目にある可能性があります。

そういうケースにならないためには、まず表面利回りを調べましょう。

不動産投資では最低3%で、約5~7%を目標に探しましょう。

その次に、実質利回りを計算し、より高い数値がでる物件が理想です。

また利回り以外にも、

  • 空室リスク
  • 入居者
  • 綺麗に整備されているか
  • 立地

などについても調査しておきましょう。

不動産投資ではこういった情報収集が一番重要です。

情報収集を正確にできれば、老後問題も年金問題も解消し、安定した老後を暮らすことができるでしょう。

家賃収入の注意点

不動産投資を始めると家賃収入を安定して得られる反面、その現状に安心してしまう可能性があります。

ですが、家賃収入は入居者ありきで得られるものなので、空室リスクを抑えるためにも清掃や修繕、メンテナンスなどの管理も抜かりなくするように意識しましょう。

不動産投資の節税効果を活かすためにも、確定申告で経費計上することも忘れずに。

投資で解決!!老後問題も年金も早めの対策を

「定年までまだ〇〇年あるから大丈夫」と、老後問題や年金についてまだ先のことだと楽観視せずに今のうちに備えられることは準備しておきましょう!

早いうちからコツコツ投資することが、老後2000万円問題の解消、そして安定した定年後の生活に繋がります。

不動産投資をするかたはぜひ参考にしてみてください!